どんな審査があるの?

落ちたらどうしよう…気になる審査基準



画像:審査シートにチェックを入れる 年収が0でもクレジットカードに申し込みができるということを「年収0の学生でも大丈夫!」の記事で紹介しています。年収に関しては少し安心してもらえたでしょうか。

しかし、「審査で落ちた」「学生は通りにくいんじゃないの?」といったことを聞いたことがある方も多いかもしれません。
実際にクレジットカードを申し込んだら、記入した情報をもとにカード会社に審査されるわけですが、「審査」と聞くと「通るのが厳しい」とイメージされるでしょうか?

そんなことはありません!
初めて申し込まれる方も審査を通るのは難しくありません。

ここでは具体的に「何が審査基準になっているのか」についてみていきましょう。



条件が変わる?未成年と成人学生の違い

基本的に18歳未満、または18歳だけど高校生である場合に申し込めるクレジットカードはありません。逆に言えば、18歳以上であれば誰でも申し込みができます。

しかし、ここで注意!
18歳以上でも、未成年の場合・成人の場合・通われている学校の種類によって審査基準やカードのサービスが少しずつ変わってきます。
違いの生じる事項には以下のようなものがあります。


<申し込み時>
・ 親権者の同意が必要か否か
多くの場合、成人の学生であれば親権者の同意無しでも申し込みができますが、原則として未成年は親の承諾を得なければ申し込みはできません。(親に秘密でクレジットカードを作ることはあきらめましょう)
・ (学生カードを申し込む場合)年齢制限
これは各カードによって条件が異なりますが、「18歳~25歳の学生」といったように年齢制限があります。

<サービス>
・ 利用限度額
学生カードの利用限度額は一般のクレジットカードよりも低く設定されていますが、カードによっては学生の中でも、「成人か未成年か」によって限度額が変わってくるケースがあります。

<その他>
選ぶカードによっては生じる条件の例です。
・ 三井住友VISAデビュープラスカード(学生)
予備校や語学学校など認可校の学生以外の専門学校生はこのカードにおいては「学生」として申し込めない

画像:学生

審査が甘いと言われているクレジットカード

同じ「学生」でも、申し込むクレジットカードによっては審査基準や必要条件が違う場合があることがわかりました。
「そうは言っても、やっぱり審査に通りやすいところに申し込みたい」という方も多いのではないでしょうか。

そんな方たちのために、「審査が甘い」と言われているクレジットカードをご紹介しましょう。

・ 楽天カード
・アコムマスターカード
・イオンカード
・学生専用ライフカード
・ 三井住友VISAカード(学生)

これらを「審査が甘い」とした判断した視点としては
【学生がターゲットであることから学生には甘い】
【多くの人が使っていることから審査が通りやすい】
【クレジットカードの中でも最も審査が甘いとされるものが消費者金融系カード】
といった感じです。


審査が不安な方は参考にしてみてください。



いかがでしょうか?
ここでは主にクレジットカード申し込み後の審査について記載しました。
少しでも審査のイメージが湧いて、恐れる気持ちもやわらいだのであれば幸いです。




ogtzuq